アップルニュース

Appleは2019年第1四半期に推定3,640万台のiPhoneを世界中に出荷しました。これは前年比で30%の減少です。

2019年4月30日火曜日16:47PDT by Juli Clover

Appleは、2019年の第1暦四半期に推定3,640万台のiPhoneを世界中に出荷しました。これは、Appleの第2会計四半期に相当します。 IDC



Appleの世界的なスマートフォンの出荷台数は2018年の第1四半期に出荷された5,220万台のiPhoneから30.2%減少しました。売上高の減少により、AppleはHuaweiに世界第2位のスマートフォンベンダーの座を失いました。 2019年第1四半期に、Huaweiは推定5,910万台のスマートフォンを出荷しました。

Apple TV 4K(2017 vs 2021)

idcsmartphoneshipments





Appleは、出荷台数が昨年から30.2%と驚異的な減少を示し、3,640万台に減少したため、第1四半期は困難でした。競合他社がAppleの市場シェアを食いつぶし続けているため、iPhoneはほとんどの主要市場で消費者を獲得するのに苦労しました。四半期を通しての中国での値下げと多くの市場での有利な下取り取引は、消費者にアップグレードを促すにはまだ十分ではありませんでした。これを、ほとんどの競合他社がまもなく5G電話と新しい折りたたみ式デバイスを発売するという事実と組み合わせると、iPhoneは今年の残りの困難に直面する可能性があります。不振な四半期にもかかわらず、Appleの強力なインストールベースとQualcommとの最近の合意は、クパチーノを拠点とする巨人にとって2020年に向かうトンネルの終わりの光と見なされます。

Appleは世界第3位のスマートフォンベンダーであり、Huaweiは2位でしたが、Samsungは引き続き市場を支配し、四半期中に推定7190万台のスマートフォンが23.1%の市場シェアで出荷されました。

一方、Appleの市場シェアは11.7%で、前年同期の15.7%から減少しましたが、Huaweiの市場シェアは19%でした。 Xiaomi、Vivo、およびOppoは、Samsung、Huawei、およびAppleに続いています。

idcsmartphonemarketshare
アップルは、ホリデー四半期の売上が好調だったため、2018年第4四半期にスマートフォンベンダーの第2位でしたが、この四半期に遅れをとっていました。 Huaweiは中国で大幅な成長を見ました Canalysから以前の番号に 、Appleが苦戦している市場。

IDCのWorldwideMobile DeviceTrackersのプログラムバイスプレジデントであるRyanReithは、次のように述べています。 「スマートフォン市場全体はほぼすべての分野で引き続き課題を抱えていますが、Huaweiは出荷を50%増加させることができ、市場シェアの点で明確な2位を示しただけでなく、市場リーダーであるSamsungとのギャップを埋めました。サムスン、ファーウェイ、アップルのこの新しいランキングは、2019年がすべて言われ、行われたときに私たちが見るものである可能性が非常に高いです。

2019年第1四半期のスマートフォンの総出荷台数は3億180万台と推定され、6四半期連続で減少しました。 Appleはもはや販売台数の内訳を提供していません iPhoneiPad 、そしてMacは、Apple製品の売り上げがどのように進んでいるかを垣間見る唯一の方法として見積もりを残している。

アップデート: Canalysもリリースされました その世界的なiPhoneの出荷予測 2019年第1四半期は、‌ iPhone‌の画像が少し良くなりました。売上高。 Canalysは、Appleがこの四半期に4,020万台のiPhoneを出荷したと考えており、前年同期の5,220万台から減少した。

アップルペンはiPhoneで動作しますか

これは23.2%の減少を示し、Appleに12.8%の市場シェアを与えます。それでもAppleはSamsungとHuaweiに次ぐ世界第3位のベンダーとしてランク付けされています。