アップルニュース

自律モードでカーブをクリップした後、Appleの自動運転車を再調整する必要がありました

2021年10月12日火曜日11:52 am PDT by Juli Clover

カリフォルニアDMVに提出されたファイリングによると、Appleの自動運転テスト車両の1台が9月27日に軽微な事件に巻き込まれた[ PDF ]。



applelexusselfdriving1
当時自律モードで運転していた自動運転車は、時速13マイルで縁石を切り落としました。損傷は報告されていませんが、車は再調整が必要でした。

サニーベールで自律モードで動作し、マシルダアベニューからデルレイアベニューに右折するテスト車両は、時速約13マイルで縁石に接触しました。タイヤやホイールの損傷はありませんでしたが、接触によりミスアライメントが発生しました。他のエージェントは関与せず、負傷者は報告されておらず、法執行機関は現場に呼ばれていませんでした。





この事件は、車両がマシルダアベニューからアップルのマシルダアベニューの場所のすぐ近くにあるデルレイアベニューに右折したときに発生しました。

Appleの自動運転車は いくつかの非常に小さな事故 、しかしほとんどは他のドライバーによって引き起こされており、自律モードではありません。これは、Appleの車両が自律モードで操作されていたときに発生した2番目のイベントです。

Appleは、2017年の初めから、クパチーノキャンパス周辺でセンサーとカメラを装備した前述のレクサスRX 450h車両を使用して、自動運転ソフトウェアをテストしてきました。自動運転に関する作業はAppleの長年の自動車プロジェクトの一部であり、噂によると、Appleは2020年代半ばから後半に自動車をリリースする予定です。

関連するまとめ: アップルカー 関連フォーラム: Apple、IncおよびTech Industry