アップルニュース

Appleが2020年2月からMac以外のAppStoreアプリの公証を要求

アップルこれ 午後発表 Mac App Storeの外部でMacアプリを作成する開発者は、2020年2月3日以降の公証プロセスにそれらを提出する必要があります。

アップル 一時的にリラックス ‌ Mac App Store‌以外の公証要件macOS Catalinaの発売後の9月のアプリ、そして当時、開発者は2020年1月までに新しいルールに慣れる必要があると述べました。

アップルマック公証
2020年1月の締め切りは2020年2月に延長されましたが、その時点で、開発者はAppleの要件を順守する必要があります。

Appleは、開発者がソフトウェアをアップロードし、開発者ログで警告を確認することをお勧めします。これらの警告は2月3日以降エラーになるため、Appleは、ソフトウェアが公証されるには、その日付までにすべてのエラーを修正する必要があると述べています。

6月に、macOS Catalinaでデフォルトで実行するには、Mac AppStoreの外部に配布されているすべてのMacソフトウェアをAppleが公証する必要があることを発表しました。 9月に、この移行を容易にし、古いバージョンのソフトウェアを引き続き使用するmacOS Catalinaのユーザーを保護するために、公証の前提条件を一時的に調整しました。 2020年2月3日以降、提出されたすべてのソフトウェアは、元の公証の前提条件を満たしている必要があります。

まだ行っていない場合は、ソフトウェアを公証人サービスにアップロードし、開発者ログで警告を確認してください。これらの警告は2月3日以降エラーになり、ソフトウェアを公証するために修正する必要があります。 2月3日より前に公証されたソフトウェアは、デフォルトでmacOSCatalinaで引き続き実行されます。

注意として、実行可能コードが含まれている可能性があるため、すべてのインストーラーパッケージに署名する必要があります。ディスクイメージに署名する必要はありませんが、署名するとユーザーがコンテンツを確認するのに役立ちます。

Appleは、macOS Mojave 10.14.5以降、Macユーザーを悪意のある有害なアプリから保護するように設計された公証プロセスを使用して、「Mac AppStore」の外部で開発者IDとともに配布される新しいソフトウェアを公証することを要求しています。

公証プロセスのために、Appleは信頼できる非‌‌ Mac App Store‌ ‌開発者に、macOSのGatekeeper機能が非‌‌ MacApp Store‌ ‌アプリをインストールできるようにするために必要な開発者IDを提供します。

‌‌ Mac App Store‌ ‌を通じて配布されるアプリには、公証は必要ありません。公証の詳細については、 Appleの開発者サイトで見つかりました