アップルニュース

Appleは、AppStoreで「無料」の購入ボタンのラベルを「Get」に置き換えます

2014年11月19日水曜日午前9時58分PSTby Juli Clover

Appleは、App Storeでの無料ゲームの表現を変更し、以前は無料で「無料」と表示されていたアプリ購入ボタンが、代わりに「取得」と表示されるようになりました。この変更は、iOS AppStoreとデスクトップAppStoreの両方に実装されています。

前払い費用のあるアプリは引き続き下の価格で表示されますが、現在は新しい文言が表示されていないアプリです。 iOSのメインのAppStoreビュー、App Storeのトップチャート、および個々のアプリページで、「Get」が「Free」に置き換わりました。デスクトップのメインのAppStoreビューは、以前の「無料」の表現を引き続き使用していますが、まもなく更新される可能性があります。

getpurchasebutton
AppleがFreeをGetに置き換えることを決定した理由は完全には明らかではありませんが、アプリ内購入のアプリは無料ではないという感情の高まりに関係している可能性があります。今年の初め、欧州委員会はAppleとGoogleに、実際には無料ではない「無料」ゲームについて顧客を誤解させることを避けるために、アプリの販売方法に変更を加えるように依頼しました。

最新のiwatchシリーズは何ですか

7月に、Googleはアプリ内購入を伴うゲームの呼び出しを「無料」で中止すると発表し、欧州委員会はAppleに、懸念に適切に対処するのに十分な対策を講じていないと述べ、同じ動きをするよう圧力をかけるよう促しました。

EUの告発に続く声明の中で、Appleは、その「強力な」ペアレンタルコントロール、アプリ内購入のラベル、およびAppStoreの子供向けセクションを指摘しました。 Appleはまた、「Ask to Buy」、iOS 8ファミリー共有機能を強調し、「EC加盟国と協力して彼らの懸念に対応し続ける」と述べた。

App Storeが進化するにつれて、Appleは、アプリ内購入について顧客に適切に通知することを試みるために大幅な変更を加えました。アプリ内購入のあるすべてのアプリは、購入ページとAppStoreのトップチャートに「アプリ内購入のオファー」の開示で明確に示されています。

Appleは、ユーザーがアプリ内購入を行う前にパスコードを入力することを要求し、アプリ内購入が行われる直前に消費者に通知し、ポップアップ警告で明示的な許可を取得します。 iOS 8では、アプリの購入をさらに細かく制御できるようになり、親がファミリーシェアリングを介して子供の購入を承認または拒否できるようになりました。