アップルニュース

AppleがmacOSMojave10.14.5の2番目のパブリックベータをリリース

Appleは本日、次のmacOS Mojave 10.14.5アップデートの2番目のベータ版をパブリックベータテストグループにシードしました。ベータ版を開発者にシードした翌日、最初のmacOS Mojave10.14.5パブリックベータ版をリリースしてから1週間強です。

macOS Mojaveアップデートは、AppleのベータテストWebサイトから適切なプロファイルをダウンロードした後、Mac AppStoreのソフトウェアアップデートメカニズムを使用してダウンロードできます。 Appleのベータテストサイトでは、ユーザーはiOS、macOS、およびtvOSのベータにアクセスできます。

macbookairmojave
macOS Mojave 10.14.5アップデートがどのような改善をもたらすかはまだわかりませんが、macOS10.14.4アップデートでは修正できなかった問題のバグ修正とパフォーマンスの改善に焦点を当てている可能性があります。

macOS Mojave10.14.5の最初の2つの開発者ベータ版には注目すべき機能はありませんでした。