アップルニュース

AppleがmacOSCatalina 10.15.7をリリースし、WiFiバグ、27インチiMacグラフィックスの問題が修正されました

2020年9月24日木曜日11:32 am PDT by Juli Clover

Appleは本日、macOSCatalinaソフトウェアの最新アップデートであるmacOSCatalina10.15.7をリリースしました。 macOS Catalina 10.15.7は、Macユーザーが経験しているいくつかの主要なバグを修正し、最新の1か月後に発生します。 macOSCatalinaリリース

キャサリン10
‌‌‌macOS Catalina‌‌‌ 10.15.6補足アップデートは、システム環境設定アプリのアップデート機能を使用してMac AppStoreからダウンロードできます。

Appleのリリースノートによると、macOS Catalina 10.15.7は、macOSが自動的にWiFiに接続しない問題に対処し、iCloud Driveを介したファイルの同期を妨げる可能性のあるバグを修正します。特に、新しい場合は iMac 所有者は、Radeon Pro 5700XTを搭載したマシンで小さな白い点滅線が表示される原因となっていた問題を修正します。

macOS Catalina 10.15.7は、Macの重要なセキュリティアップデートとバグ修正を提供します。

-macOSがWi-Fiネットワークに自動的に接続しない問題を解決します
-iCloudDriveを介したファイルの同期を妨げる可能性のある問題を修正します
-Radeon Pro 5700 XTを搭載したiMac(Retina 5K、27インチ、2020)で発生する可能性のあるグラフィックの問題に対処します

一部の機能は、すべての地域またはすべてのAppleデバイスで利用できるとは限りません。このアップデートのセキュリティコンテンツの詳細については、https://support.apple.com/kb/HT201222にアクセスしてください。

27インチの‌ iMac‌の発売以来8月には、ハイエンドの5700 XTGPUを含むモデルのグラフィックの不具合について苦情がありました。多くのユーザーから、白い横線が点滅しているとの報告があり、それがソフトウェアの問題なのかハードウェアの問題なのかは不明ですが、本日の修正により、実際にソフトウェア関連のバグであることがわかりました。