アップルニュース

Appleは、メリーランド、ミズーリ、バージニア、ウィスコンシンの8店舗を閉鎖

2020年7月15日水曜日午前4時59分PDTby Tim Hardwick

Appleは、メリーランド州、ミズーリ州、バージニア州、ウィスコンシン州の全米でさらに8つの小売店を閉鎖します。

次に出てくるiPhone

タウソンメリーランド
メリーランド州アップルタウソンタウン
によると マイケルスティーバー Twitterでは、本日より以下の店舗が閉店いたします。

  • リーウッド(リーウッド)–カンザス
  • タウソンタウンセンター(タウソン)-メリーランド州
  • カントリークラブプラザ(カンザスシティ)-ミズーリ州
  • マッカーサーセンター(ノーフォーク)-バージニア
  • リンヘイブンモール(バージニアビーチ)-バージニア
  • ベイショア(グレンデール)-ウィスコンシン
  • ヒルデール(マディソン)-ウ​​ィスコンシン
  • メイフェア(ウォーワトサ)-ウィスコンシン

まだ閉店していないカリフォルニアの28店舗のうち6店舗もカーブサイドサービスに戻っていると伝えられています。それらは、サンタクララ郡のバレーフェアとオークリッジ、サンディエゴ郡のノース郡、プレイス郡のローズビル、サクラメント郡のアーデンフェア、ソノマ郡のサンタローザプラザです。

スティーバー ノート 上記のすべてのカリフォルニアの店舗は、州の監視リストにある郡にあり、閉鎖を余儀なくされた屋内モールにあります。

米国全体でのコロナウイルスの発生が急増し続けているため、Appleは以前に再開した多くの小売店を閉鎖せざるを得なくなり、現在はメリーランド州、オハイオ州、テネシー州、ノースカロライナ州、フロリダ州などの店舗が閉鎖されています。これらの場所で、Appleは小売店の従業員に、同社が3月から提供している在宅勤務の役割からリモートで作業するように求めています。

小売店の従業員は、店舗でサービスを受けられない顧客からのオンラインサービスリクエストや質問を処理するためのサポートアドバイザーとしての役割を果たすことができます。

タグ:アップルストア、 COVID-19コロナウイルスガイド