アップルニュース

Appleが機械学習スタートアップLaserlikeを購入

2019年3月13日水曜日午後1時32分PDTby Juli Clover

Appleは昨年買収した レーザーのような 、シリコンバレーにある機械学習のスタートアップ、レポート 情報 。 Appleによる4年前の会社の買収は、Appleの広報担当者によって、標準的な買収声明で確認されました。



1つのエアポッドの費用はいくらですか

Laserlikeのウェブサイトによると、その中心的な使命は、「ウェブ全体からあなたにあらゆるトピックに関する高品質の情報と多様な視点」を提供することです。

Laserlikeapp
同社は、発見とパーソナライズの機械学習技術を使用して、各ユーザーに関連するニュース、ウェブ、ビデオ、ローカルコンテンツを提供する「インタレスト検索エンジン」と呼ばれるレーザーのようなアプリを構築する検索アプリを構築しました。 Laserlikeアプリは買収後は利用できなくなりましたが、同社のWebサイトでは、焦点を当てた内容を引き続き取り上げています。





私たちは情報が豊富な世界に住んでいます。そこでは、主な問題はノイズをふるいにかけ、あなたが実際に気にかけているものを発見することです。たとえば、次のSpaceXライブストリームの発売がいつ子供と一緒に見たいのか、2年前に購入した車にリコールがあったのか、興味のある会社が発表したのかを知りたい場合は、あなたが住んでいる場所に新しいオフィスを開設したり、あなたの町に音楽祭がやってくる場合、いつこれらを探すべきかわからず、自動的に通知する製品もありません。

これは、インターネットで修正したいことの1つです。 Laserlikeの中心的な使命は、Web全体からあらゆるトピックに関する高品質の情報と多様な視点を提供することです。私たちは、人々が自分の興味に従い、新しい視点に取り組むのを支援することに情熱を注いでいます。

情報 AppleがLaserlike買収を使用して、次のような人工知能の取り組みを強化することを示唆しています。 シリア 。 Laserlikeチームは、昨年GoogleからAppleに来た新しいAppleAIチーフのJohnGiannandreaが率いるAppleAIグループに加わりました。

Giannandreaは、Appleの機械学習イニシアチブを改善し、同社の音声アシスタントである‌ Siri‌を強化する任務を負っています。 Laserlikeのテクノロジーにより、‌ Siri‌が可能になる可能性があります。よりカスタマイズされたパーソナライズされたコンテンツを提供するためのAppleユーザーの詳細を学ぶ。

タグ: Siriガイド 、Apple買収、機械学習、人工知能