アップルニュース

Appleは、USB関連の電力特許をめぐる脅威に対処するために「パテントトロール」を先制的に訴える

2019年2月6日水曜日午前7時46分PSTby Joe Rossignol

Appleは火曜日に訴訟を起こした ファンダメンタルイノベーションシステムインターナショナル (FISI)、カリフォルニア州の裁判所に、AppleがFISIが保有する多数のUSB電源特許を侵害していないことを宣言するよう先制的に要請。





ライトニングiPhone7
FISIは、特許訴訟を通じて収益を上げることを唯一の目的として設立された特許主張エンティティとしてAppleによって説明され、BlackBerryから課金関連の特許のポートフォリオを取得し、LG、Samsung、Huaweiなどの大手ハイテク企業に対して主張しました。今です FISIライセンシーとしてリストされています

Appleは、次に訴えられる可能性があると考えており、訴状によると、事前に非侵害の宣言を求めています。





被告は、手紙、クレームチャート、電話、およびこの地区のアップル社員との直接会談を通じて、特定のアップル製品が特許訴訟を侵害しており、アップルは特許訴訟のライセンスを必要としていると主張しています。ただし、アップルの製品は特許を侵害していません。

この裁判所は、将来の訴訟の脅威がAppleの事業に害を及ぼし、不確実性を引き起こすことを認めるべきではありません。

以前のBlackBerryの特許は、一般に、2000年代初頭にさかのぼるUSBベースの充電プロトコル、システム、および方法に関連しています。

Appleは、電源アダプタを含め、どの製品も特許に違反していないと考えています。 Appleの苦情全体にわたる一貫した防御の1つは、そのデバイスと電源アダプタが、特許に記載されているUSB 2.0プロトコルに準拠するのではなく、独自のLightningコネクタに依存していることです。

Appleは、北カリフォルニアの米国地方裁判所で陪審裁判を要求した。非侵害の宣言を超えて、Appleは弁護士費用およびAppleが裁判所によって適切であるとみなされる権利を有するその他の救済を求めています。

Scribdで