アップルニュース

Appleは、拡張現実メガネがどのように関心のあるポイントをオーバーレイできるかについて概説します

2019年2月26日火曜日午前8時45分PSTby Joe Rossignol

複数の報告によると、Appleは2020年までにリリースされる可能性のある拡張現実ヘッドセットまたはメガネを開発している、または 2021年 、および新たに付与されたApple特許は、潜在的な機能に関するいくつかの幅広い手がかりを提供する可能性があります。





iOS14ホーム画面を変更する方法

火曜日の米国特許商標庁 Appleに特許を与えた 「モバイルデバイス上の実際の環境のビューで関心のあるポイントを表すための方法」を説明し、いわゆる アップルグラス 、特許は「ヘッドマウントディスプレイ」について説明しています。

アップルグラス特許2
他の多くの拡張現実デバイスと同様に、ヘッドマウントディスプレイは、コンピューターで生成された仮想情報を実際の環境のビューにオーバーレイできます。より具体的には、ヘッドセットには、関心のあるポイントやその他のオブジェクトを識別して注釈を付けることができるカメラが搭載されます。



特許の1つの図は、建物を示すヘッドマウントディスプレイを示しており、それぞれがオーバーレイラベルで識別されています。別の実施形態では、 iPhone 特定の興味のあるポイントに関する詳細情報とともに表示されます。

アップルグラス特許1
ヘッドマウントディスプレイはスノーボード用ゴーグルのように見えますが、特許のイラストは単なる例です。

もちろん、Appleは毎週多数の特許出願を行っており、発明の多くは日の目を見ることはありません。特許も非常に詳細であり、Appleが前進する計画がないかもしれないものでさえ、多くの可能なアイデアを網羅しています。したがって、正確な実装があれば、それはまだわかりません。

ipad air4はいつ出ましたか

現時点では、AppleがGoogle Glassesのようなメガネに取り組んでいるのか、HoloLensのようなヘッドセットに取り組んでいるのかは完全には明らかではありません。 AppleのCEOであるTimCookは、仮想現実よりも拡張現実に関心を示していますが、この特許は、Appleが現実世界の拡張に焦点を合わせていることを示唆しています。

ブルームバーグ のMarkGurmanは以前、Appleのヘッドセットが「rOS」と呼ばれるカスタムiOSベースのオペレーティングシステムを使用することを報告しました。彼はまた、ヘッドセットがワイヤレスで‌ iPhone‌に接続すると述べた。

Appleは、2015年にMetaio、2017年にVrvana、昨年はAkonia Holographicsを含む複数の拡張現実スタートアップを買収し、HoloLensや同様の企業から従業員を雇用してプロジェクトに取り組んでいます。実際、この特許に記載されている発明者は、Metaioの元従業員です。

iPhone6でハードリセットを行うにはどうすればよいですか

AppleInsider 本日付与された特許について最初に報告したのはAppleは2017年に特許を申請しました。

関連するまとめ: アップルグラス