アップルニュース

Apple MapsVehiclesがチェコ共和国で「LookAround」画像の収集を開始

2021年6月4日金曜日午後1時8分PDTby Joe Rossignol

LiDARテクノロジーを搭載したAppleMaps車両には チェコ共和国の一部の地域の調査を開始 今月は、AppleのWebサイトで管理されている場所のリストに従って、ストリートレベルの画像とデータを収集します。アップルも 5月に隣国ポーランドの測量を開始 画像コレクションが東ヨーロッパ全体に拡大するにつれて。





アップルマップと周りを見回す
Appleは収集したデータを使用して、マップアプリを改善し、 見回す機能 米国、カナダ、英国、アイルランド、および日本の一部を含む、現在サポートされている5か国を超えています。 iOS 13で導入されたLookAroundは、Googleのストリートビューに似ており、ズームやパンが可能な高解像度の3D画像を使用して場所のストリートレベルのビューを提供します。

見回すことができるエリアでは、マップアプリの右上隅に双眼鏡アイコンが表示されます。そのアイコンをタップすると、画面上部のカードオーバーレイにストリートレベルのビューが開き、フルスクリーンビューに展開できます。サポートされている都市の検索結果の[高架道路]ボタンと[ルート案内]ボタンの下に、[見回す]も表示されます。



Apple Maps‌の車両は、データ収集以降、米国、カナダ、英国、オーストラリア、ニュージーランド、ベルギー、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、オランダ、スロベニア、クロアチア、シンガポール、およびその他の一部の国でも調査を行っています。 2015年に開始されました。通りに簡単にアクセスできない一部の地域では、Appleの従業員は、LiDAR機器を備えたバックパックなどのポータブルシステムを使用してデータを収集します。

Appleは、これらの調査を実施している間、公衆のプライバシーを保護することを約束していると述べています。たとえば、Appleは、ルックアラウンド機能を介して利用できるストリートレベルの画像の顔やナンバープレートをぼかします。

(ありがとう、1月!)

タグ: Appleマップガイド 、AppleMaps車両