アップルニュース

Appleが予期しないシャットダウンを経験しているiPhone6sデバイスの修理プログラムを開始

2016年11月20日日曜日午後7時50分PSTby Arnold Kim

Appleは本日、 iPhone6sユーザー向けの新しい修理プログラム そのデバイスが予期せずシャットダウンする可能性があります。この問題は、2015年9月から10月の間に製造された特定のデバイスにのみ影響する限定的な問題です。



アップルは折り畳み式携帯電話を作ります

iphone-6s-colors

Appleは、ごく少数のiPhone6sデバイスが予期せずシャットダウンする可能性があると判断しました。これは安全上の問題ではなく、2015年9月から10月の間に製造された限られたシリアル番号範囲内のデバイスにのみ影響します。





この問題が発生した場合は、アップルリテールストアまたはアップル正規サービスプロバイダにアクセスし、デバイスのシリアル番号を確認して、無料でバッテリ交換の対象かどうかを確認してください。

アップルウォッチソロループサイジングガイド

この問題に対するAppleの解決策は、デバイスのバッテリーを無料で交換することですが、Appleは、バッテリーの交換手順を損なう可能性のある画面のひび割れなど、ユーザーのデバイスに他の問題がある場合は、前に有料で修理する必要があると述べていますバッテリーの問題に対処できます。

以前にこの問題のためにバッテリーを交換するためにお金を払ったユーザーは、Appleに連絡して払い戻しを要求することができます。

ちょうど3日前、Appleはデバイスが いわゆる「タッチ病」を経験している ユーザーがディスプレイのちらつきやタッチ感度の低下を目にする可能性がある場所。 Appleによれば、この問題の原因の少なくとも一部は、デバイスが「硬い表面に何度も落とされた」ことが原因であるため、このプログラムには149ドルの修理料金がかかります。