アップルニュース

AppleはイタリアのスタートアップStamplayを買収したと報じられている

2019年3月21日木曜日午前9時40分PDTby Joe Rossignol

Appleはイタリアのスタートアップを買収した スタンプレイ イタリアの新聞によると、APIベースのバックエンド開発プラットフォームを提供しました 太陽24時間 。レポートによると、Appleは同社に約500万ユーロを支払ったとのことです。

アップルスタンプレイ
この報告書は、買収に関するAppleの標準的な声明を引用しておらず、通常、「Appleは時折小規模なテクノロジー企業を買収し、私たちは通常、私たちの目的や計画について話し合いません」と述べています。確認のためにAppleに連絡しましたが、すぐには返事がありませんでした。

それにもかかわらず、買収または少なくとも買収の兆候の1つは、 スタンプレイのウェブサイト Appleの買収後の通常の場合のように、過去数週間でほぼ完全に情報が削除されました。

Stamplayは、それ自体を「ローコードワークフロー自動化プラットフォームであり、組織が毎日使用するデータとビジネスアプリケーションを統合することで手作業を合理化できるようにする」と説明しています。 「APIベースの開発プラットフォーム」により、開発者は「フル機能のクラウドベースのWebアプリ」を構築して起動できます。

スタートアップのLinkedInページから:

強力なWebベースのエディターには、Stripe(支払い)、Sendgrid(メール)、Twilio(SMSおよびVoIP)、Pusher(リアルタイム通知)など、開発者がアプリの強力なバックエンドを作成して実行するために必要なすべてのものが含まれています。もっと。

レポートはによって私たちの注意を引いた setteBIT

Stamplayは、GiulianoIacobelliとNicolaMattinaによって共同設立されました。

アップデート:プレスリリース 経由 setteBIT 、イタリアのUniversitàRomaTreは、AppleがStamplayを買収したことを確認しました。