アップルニュース

Appleは、iOS14.5で「アプリに追跡の要求を許可する」がグレー表示される理由を説明しています

2021年4月28日水曜日6:28 am PDT by Joe Rossignol

今週リリースされたiOS14.5、iPadOS 14.5、およびtvOS 14.5のソフトウェアアップデート以降、アプリは、ターゲットを絞った広告目的で他社のアプリやWebサイト全体のアクティビティを追跡する前に、許可を求める必要があります。

アプリリクエストトラック機能を許可する
iPhoneまたはiPadの場合、ユーザーは[設定]アプリの[プライバシー]> [トラッキング]でアプリごとにトラッキング権限を管理できます。また、すべてのアプリに適用される[アプリにトラッキングのリクエストを許可する]設定もあります。この設定がオフになっているときに追跡の許可を求める各アプリは、「アプリに追跡しないように依頼する」をタップした場合と同じように扱われます。

iPhone6でメモを取得する方法

新しいで サポートドキュメント 、Appleは、「アプリに追跡の要求を許可する」設定がグレー表示される状況がいくつかあると述べました。ただし、次のようなものがあります。

  • お子様のアカウントをお持ちのユーザー、または生年月日までに18歳未満のユーザーの場合、AppleIDでサインインします
  • Apple IDが教育機関によって管理されている場合、または追跡を制限する構成プロファイルを使用している場合
  • AppleIDが過去3日間に作成された場合

9to5Mac 以前に報告された 上記の最初の2つの状況が当てはまらない場合でも、一部のユーザーにはトグルがグレー表示されたままであることがわかります。これは、バグまたはその他の問題が発生している可能性があることを示しています。 Appleはまだコメントの要求に応じていない。

一部のユーザーは、「パーソナライズド広告」設定と「アプリによる追跡の要求を許可する」がグレー表示されているかどうかとの間に相関関係があるのではないかと疑っています。


Appleによると、[アプリに追跡の要求を許可する]設定がグレー表示されているデバイスでは、追跡を要求するすべてのアプリはデフォルトで許可を拒否され、IDFAと呼ばれるデバイスのランダムな広告識別子にアクセスできません。このポリシーは技術レベルでは適用されませんが、アプリは、メールアドレスなど、ユーザーまたはデバイスを識別する他の情報を使用してアクティビティを追跡することも許可されていません。

目標を変更する方法アップルウォッチ

最近アップル ビデオを共有しました 詳細については、新しいApp TrackingTransparency要件の詳細をご覧ください。