アップルニュース

Appleが「強化された」アンダーディスプレイTouchIDシステムを開発

2021年3月18日木曜日午前9時PDTby Hartley Charlton

Appleは、まだ使用されていないディスプレイ下の指紋スキャン技術を改良している。 TouchIDを元に戻すiPhone 、新たに公開された特許出願によると。



iPhone 12 TouchID機能Img

によって最初に発見された特許出願 特許を取得したApple 米国特許商標庁に提出されたタイトルは「 軸外角度光に基づくディスプレイ下の指紋検知 'そして、アンダーディスプレイ指紋スキャナーをより正確で信頼性の高いものにする方法を説明します。 Appleは、そのテクノロジーを「強化されたアンダーディスプレイ指紋検知」システムとして説明しています。これは、Androidデバイスで使用される他の多くの既存のアンダーディスプレイ指紋スキャナーとは異なり、「軸外角度光」を使用して、サイズを大きくすることなく指紋をより効果的に読み取ることができます。コンポーネント。





ほとんどの光学式アンダーディスプレイ指紋スキャンシステムは、デバイスのディスプレイから放射された光を使用してユーザーの指先を照らします。この光は指紋から反射され、ディスプレイピクセル間の小さな開口部から戻ってきます。ディスプレイの下にあるセンサーが指紋を読み取り、ユーザーを認証できます。

ディスプレイスタックによって引き起こされる「低光スループットと回折」により、指紋画像は低コントラストと低信号対雑音比に悩まされやすく、指紋の読み取りが困難になり、時間がかかる可能性があります。ユーザーを認証します。

この問題を克服するために、Appleは、指からの軸外角度光が一連の「ディスプレイとセンサー間の角度依存フィルタリングオプション」を介してキャプチャされるシステムを提案しています。 Appleによれば、この方法は「指紋の印象のコントラストを改善し、センシングシステム全体のコンパクトさを維持する」ことができます。

ディスプレイ指紋スキャナー特許の下の軸外

具体的には、Appleのシステムには、「透明層で覆われ、透明層に接触する表面を照らし、表面から下層への反射光線の透過を可能にするように構成された発光層」が含まれています。ディスプレイの下の光結合層は、コリメータ層によって受信され、ピクセル化されたイメージセンサーによって解釈される反射光線を「曲げます」。

特許ノートに記載されている例は、システムに最適なディスプレイ技術であるOLEDに焦点を当てています。これは、全体で使用されている現在のディスプレイ技術です。 iPhone 12 並ぶ。 Appleは、ディスプレイ下のTouch IDを‌ iPhone‌に導入すると長い間噂されてきたため、特許出願は、テクノロジーの進歩が舞台裏で進んでいることを示している可能性があります。

アップルは 実装を計画している 少なくとも1つのハイエンド‌ iPhone‌のディスプレイの下にある指紋スキャナーアナリストのMing-ChiKuoによると、2023年に、バークレイズのアナリストは 最近提案された 機能が「可能性が高い」とすぐに到着すること この年iPhone 13

タグ:特許、Touch ID