アップルニュース

Appleは少なくとも1月まで従業員のオフィスへの復帰を遅らせる

2021年8月20日金曜日1:21 am PDT by Sami Fathi

Appleは、COVID-19の症例の増加と新しい亜種の出現の可能性に対する懸念から、従業員を少なくとも1月までオフィスに戻す計画を延期しました。 ブルームバーグ レポート

appleparkempty
Appleは以前、9月初旬までに対面での仕事に戻ることを計画していたが、同社は そのタイムラインを10月まで延期しました 。現在、懸念が続いているため、その期間は少なくとも1月までさらに延期されています。

スタッフに送信されたメモで、 ブルームバーグ 同社の人材および小売部門の責任者であるDeirdreO’Brien氏は、Appleは現在営業しているオフィスや小売店を閉鎖する予定はないが、従業員にワクチン接種を勧めていると語った。他の会社とは異なり、Appleはまだ従業員にワクチン接種の要件を強制していません。

同社は、従業員がオフィスに戻る必要がある1か月前に、再開のタイムラインを確認することをスタッフに伝えました。 Appleは以前、すべてのスタッフが9月初旬までに本社に戻ることを要求してから10月まで延期することを目指していた。従業員が帰国する必要がある場合、月曜日、火曜日、木曜日の少なくとも週3日はオフィスで働き、水曜日と金曜日はリモートワークを利用できます。

人的資源と小売部門の責任者であるディアドラ・オブライエンが送ったスタッフへのメモは、同社は現在、オフィスや小売店を閉鎖することを期待していないと付け加えた。しかし、彼女はスタッフにワクチン接種を受けるよう強く勧めました。同社はまだ予防接種や検査を必要としていませんが、検査プログラムを週に3回もの自宅でのコロナウイルス検査に引き上げています。 Appleの広報担当者は、このメモについてコメントすることを拒否した。

Appleのオフィス復帰計画は、Appleの従業員から批判を受けている。 リモートでの作業を好む可能性のあるスタッフに鈍感 。従業員が戻ってきたら、Appleは従業員を雇う予定です 少なくとも週に3日はオフィスで 、残りの日数はリモートで作業します。