アップルニュース

Appleが世界のスマートフォンベンダーランキングで2位を取り戻すコース

Appleは2019年の第4四半期に世界のスマートフォンベンダーランキングでHuaweiから2位を取り戻す予定であると報告しています DigiTimes

iphone11および11pro
ランキングの変更は、Appleの好調な販売の複合効果であると言われています iPhone 11 ラインナップと米国でのHuaweiの貿易禁止の影響。

Gartnerのデータによると、Huaweiは今年の第2四半期半ばに米国政府によってブラックリストに登録されましたが、前四半期とほぼ同じ量の6000万台の携帯電話を出荷することができました。

しかし、貿易禁止が長引くにつれて、Huaweiは今年の下半期に売上高が減少すると予想されています。ガートナーは、第3四半期の出荷台数が約5,000万台に減少した後、休暇期間に入ると6,000万台に戻ると予測しています。

IDCによると、Appleは2019年第1四半期に3600万台のiPhoneを出荷しました。第2四半期の売上高は3400万台に減少したと言われており、Appleの次世代フラッグシップデバイスである‌ iPhone 11‌、‌ iPhone 11‌プロ、そして iPhone 11 Pro Max

しかし、その‌ iPhone 11‌の予想以上の売上高の報告があります。国内と海外の両方のラインナップで、Appleは第4四半期に携帯電話の出荷台数が7000万台に達する可能性があります。これはHuaweiが2019年第4四半期に出荷すると予想される6000万台を超えるでしょう。

関連するまとめ: iPhone 11 タグ:digitimes.com、Huawei関連フォーラム: iPhone