アップルニュース

AppleCardが最新のiOS14.2ベータ版で年間支出活動オプションを獲得

2020年9月30日水曜日8:02 am PDT by Joe Rossignol

述べたように Redditで 、 NS iOS14.2の2番目の開発者ベータ Apple Cardの新しい年間支出履歴オプションを導入し、カード所有者が現在の暦年内にカードに費やした金額を確認できるようにします。

iPhoneから直接転送するとはどういう意味ですか

アップルカードの年間支出活動
Apple Cardの支出活動は、以前は週次または月次の要約に限定されていました。新しい年次オプションにアクセスするには、ウォレットアプリを開き、Apple Cardをタップし、カード残高の下にあるアクティビティバーをタップします。 iOS 14.2の2番目の開発者ベータ版の時点で、週、月、年の概要の上部に3つのタブがあります。

年次サマリーには、ユーザーが現在の暦年内にAppleCardで獲得したデイリーキャッシュの金額も表示されます。

「AppleCard」を申請するには、iOS 12.4以降を実行しているiPhoneでウォレットアプリを開き、右上隅にあるプラスボタンをタップして、画面の手順に従います。このプロセスには数分しかかかりません。承認されると、仮想の「AppleCard」をすぐに購入できるようになります。非接触型決済を受け付けない小売店で使用するために、物理的なチタン製のAppleCardをウォレットアプリからリクエストすることもできます。

Apple Cardの主な機能には、色分けされた支出の概要、手数料なし、毎日支払われる購入に対する最大3パーセントのキャッシュバックが含まれます。カードは米国に限定されたままですが、 国際的な拡大が間近に迫っている可能性があります