アップルニュース

Appleは、AppleIDを使用してアプリにサインインするための「Appleでサインイン」を発表しました

今日のアップル 発表 WWDCでAppleにサインインし、ユーザーが Apple ID 非常に安全な方法で。

f1559583712
Appleは新しいAPIをリリースし、開発者が新しいサインイン機能をアプリに追加して、追加の個人情報を公開せずにFaceIDを使用してログインするより便利な方法を実現できるようにします。

ログインすると、ユーザーは自分のメールアドレスを表示または非表示にするか、Appleでサインインして、特定のアプリで管理できる一意のランダムな匿名のメールアドレスを生成し、ユーザーがデータをより細かく制御できるようにすることができます。

新しいサインイン機能は、今秋にAppleの新しいオペレーティングシステムに搭載され、macOS、iOS、およびWebサイトで利用できるようになります。

タグ:WWDC 2019、 Appleガイドでサインイン 関連フォーラム: iOS 13