アップルニュース

ジャンディ・ネルソンのヤングアダルト小説「空はどこにでもある」の映画化のためのアップルとA24の提携

2019年10月16日水曜日9:22 am PDT by Mitchel Broussard

空はいたるところにありますAppleは、映画スタジオA24との2回目のパートナーシップを設定しました。今回は、ヤングアダルト小説「TheSky is Everywhere」(経由 ハリウッドレポーター )。

「空はどこにでもある」はジョセフィン・デッカーによって監督され、映画は小説の作者、ジャンディ・ネルソンによって書かれます。この本は2010年に出版され、姉の突然の死に対処しているレニーウォーカーという高校生の物語です。

AppleとA24は、ソフィア・コッポラ監督と一緒に映画「オン・ザ・ロック」を制作する計画を最初に発表しました 今年の初め 。 「TheSkyis Everywhere」は、合意から生まれる2番目のプロジェクトになります。

AppleとA24は複数年契約を結んでおり、2人は Apple TV + 、したがって、「The SkyisEverywhere」と「OntheRocks」を超えてさらに多くのことが来るでしょう。

A24はインディーズエンターテインメントスタジオで、最近では「ライトハウス」、「ミッドサマー」、「ミッド90s」、「エイトグレード」などの映画をリリースすることで知られています。

‌ Apple TV +‌は11月1日に数週間で立ち上げられる予定であり、同社はすでに「ForAllMankind」から始まるプレスイベントでのショーの初公開を開始しています。