アップルニュース

AnkerがiPhone11向けに設計されたiPhone認定フラッシュアクセサリ用に最初にデビュー

2019年12月27日金曜日午前10時25分PSTby Juli Clover

Ankerは本日新しいMadeforをデビューさせました iPhone (MFi)に接続するように設計された認定LEDフラッシュアクセサリ iPhone 11 、11 Pro、および11 ProMaxをLightningポート経由で。





製品リンクはまだ利用できませんが、 ザ・ヴァージ 新しいアクセサリーは来月発売され、価格は49.99ドルだそうです。

アンカーフラッシュ
フラッシュアクセサリは新しいiPhoneで認識され、デフォルトのカメラアプリとサードパーティのカメラアプリでトリガーできます。 1回の充電で約10,000ショット持続し、取り外し可能なディフューザーオプションが付属しています。





組み込みの‌ iPhone‌との比較フラッシュ、アンカーはフラッシュが2倍の範囲と4倍の明るさを達成できると言います。

Ankerの新しいフラッシュオプションは、最初のMade for‌ iPhone‌です。設計されたフラッシュアクセサリですが、AppleがMade for‌ iPhone‌をオープンしたためです。これらの種類のカメラアクセサリにプログラムすることで、将来的に追加のLightningベースのフラッシュがリリースされることが期待できます。

‌ iPhone‌フラッシュは新しいものではなく、過去に利用可能な他のオプションがありましたが、これはApple認定を受けており、Lightningを介して‌ iPhone‌のカメラと同期できる唯一のオプションです。

タグ:MFiプログラム、アンカー