アップルニュース

Accountsd:Macで高いCPU使用率を修正する方法

のリリースに続いて macOSCatalinaバージョン10.15.7 、ますます多くのユーザーが 'という名前のシステムプロセスで問題を経験しています 会計処理 'Activity Monitorで非常に高いCPU使用率を示しているため、Macの速度が低下しています。

Appleサポートコミュニティの1人のユーザーが、CPU使用率が400%を超える「accountsd」のスクリーンショットを共有し、2018 MacBookProを「役に立たない」ものにしました。

iPhoneでAppleWatchを探すことはできますか

会計活動モニター
この問題は何年にもわたって時折発生していますが、 アップルサポートコミュニティ 、永遠のフォーラム、 ツイッターRedditスタック交換 、およびmacOS Catalinaバージョン10.15.7のリリース以降、ユーザーが問題のトラブルシューティングを試みている他の場所。

何が説明されていますか?

Accountsdはデーモンであり、 アカウントフレームワーク 。 Appleの開発者向けドキュメントによると、このフレームワークは、ユーザーがログイン資格情報を入力しなくても、アプリ内から外部アカウントにアクセスして管理するのに役立ちます。

アカウントフレームワークは、システムによって管理されるアカウントデータベースに保存されているユーザーアカウントへのアクセスを提供します。アカウントには、Twitterなどの特定のサービスのログイン資格情報が保存されており、それらの資格情報を使用してサービスで認証します。アカウントフレームワークをアプリに統合する場合、アカウントログインを自分で保存する必要はありません。代わりに、ユーザーは、ユーザー名とパスワードを入力する必要をなくして、アカウントのログイン資格情報を使用するためのアクセスをアプリに許可します。ユーザーのアカウントデータベースに特定のサービスのアカウントが存在しない場合は、アプリ内からアカウントを作成して保存することができます。

アカウントのCPU使用率を修正するにはどうすればよいですか?

影響を受けるユーザーは、さまざまな潜在的なソリューションを提供していますが、マイレージは異なる場合があります。

一部のユーザーは、[システム環境設定]> [Apple ID]> [概要]> [サインアウト]でAppleIDアカウントからサインアウトし、Macを再起動してからアカウントに再度サインインすることで問題を解決できましたが、これがすべてのユーザーに役立つわけではありません。

iPhoneでアプリをカスタマイズする方法

一部のユーザーは MacのSMCをリセットする および/または NVRAM

Stack Exchangeのあるユーザーは、この問題はMacでのファイルインデックスのバグに関連していると考えています。彼らの解決策は、[システム環境設定]> [Spotlight]> [プライバシー]に移動してインデックスをリセットし、ストレージドライブ(デフォルトでは「MacintoshHD」)を[Spotlightがこれらの場所を検索しないようにする]リストに追加(+)することです。次に、リストからドライブを削除(-)すると、Macはインデックスの再作成を開始します。インデックス作成プロセスはMacの速度を一時的に低下させる可能性があるため、これらの手順は一晩で完了することをお勧めします。

より高度なトラブルシューティングに関しては、一部のユーザーは「〜/ Library / Accounts」に移動し、ファイルの名前を「Accounts4.sqlite」から「Accounts4.sqlite.testbackup」に変更することに成功しています。 より複雑なターミナルコマンドの使用 、ただし、これらのソリューションはiCloudアカウントまたは同期に影響を与える可能性があるため、注意して続行してください。

Appleはまだこの問題を認めていません。ソフトウェアアップデートが修正されてリリースされた場合は、それに応じてこの記事を更新します。