アップルニュース

5Gは、ベンチマークで4Gよりも20%高速にiPhone12のバッテリーを消耗します

2020年10月21日水曜日午前4時17分PDTby Hartley Charlton

昨日iPhone12とiPhone12 Proの最初のレビューが発表された後、 トムのガイド 5Gを使用した場合のバッテリー寿命の短縮の程度を明らかにします。

iphone 12 5g

レポートは、テストの概要を示しています。 iPhone 画面の明るさ150nitで継続的にウェブを閲覧し、バッテリーがなくなるまで30秒ごとに新しいサイトを立ち上げます。興味深いことに、テストは iPhone 12 4Gと5Gの両方で12Pro。

5Gを使用して、‌ iPhone 12‌ ‌ iPhone 12‌が、わずか8時間25分続きました。プロは9時間6分続きました。 4Gを使用する場合、‌ iPhone 12‌と12Proは、それぞれ10時間と23分、11時間と24分の耐久性に優れています。これは、‌ iPhone 12‌および‌ iPhone 12‌この人工ベンチマークで5Gを使用すると、Proのバッテリー寿命は約20%速くなります。

で同じテスト iPhone 11 2019年には、4Gで11時間16分の結果が得られました。‌ iPhone11‌ Proは10時間24分を達成しました。

Tom's Guideは、これが同じテストでの5GAndroidフォンのバッテリー寿命に満たないことを報告しています。

Androidの競合製品と比較すると、Appleの新しい電話は、特に5Gネットワ​​ーク上で、最高の電話バッテリー寿命リストにあるこれらのデバイスよりも一歩遅れています。

‌ iPhone 12‌全体のバッテリー容量ラインナップは 削減されたと思われる 今年、5Gはバッテリーの寿命を縮める可能性があることが知られていましたが、その程度は不明でした。

バッテリーの結果は、‌ iPhone 12‌に「スマートデータモード」を含めるというAppleの動きの背後にある可能性があります。および‌ iPhone 12‌ Pro。必要のないときに5Gを選択的にオフにします。たとえば、画面をオフにして音楽をストリーミングする場合、スマートデータモードは5Gをオフにし、代わりに4Gを優先すると報告されています。

ただし、ユーザーはさらに進んで手動で5Gをオフにして、‌ iPhone 12‌のバッテリー寿命を延ばすことができます。および‌ iPhone 12‌プロ。設定では、ユーザーは「5G On」、「5G Auto」(Appleのスマートデータモードのようです)、「LTE」から選択できます。

関連するまとめ: iPhone 12 タグ:バッテリー寿命、5G関連フォーラム: iPhone