アップルニュース

2020年のiPhoneは高速120Hzの「ProMotion」ディスプレイを搭載できます

2019年7月22日月曜日4:54 am PDT by Tim Hardwick

あるモバイルリーカーによると、来年のAppleのiPhoneは、最大120Hzのリフレッシュレートが可能なディスプレイを搭載し、よりスムーズな画面体験を可能にする可能性があるという。

2020iphonesプロモーション

'Appleは、切り替え可能な60Hz / 120Hzのリフレッシュレート画面を検討しています。 iPhone 2020年に、SamsungおよびLGと話し合っています。」 ツイート 日曜日の氷の宇宙。

ツイッターのハンドルを握る漏洩者 @UniverseIce 、通常はAppleの計画についてコメントしていませんが、Samsungの噂の評判の良い情報源です。 SamsungはAppleに‌ iPhone‌用のOLEDパネルを提供しました。 X、‌ iPhone‌ XS、および‌ iPhone‌ XSマックス。

Appleはすでに可変リフレッシュレートテクノロジーを使用しています iPad Pro モデルですが、OLEDではなくLCDパネルを使用しています。それを新しい種類のOLEDiPhoneに持ち込むと、スマートフォンのパフォーマンスバーがさらに高くなります。

Appleは iPad 「ProMotion」というあだ名のプロ専用技術。コンテンツの動きに合わせてディスプレイを動的に調整し、滑らかなスクロール、応答性の向上、スムーズな動きを実現します。これらすべてをオンザフライで実行します。つまり、バッテリーの寿命も節約できます。

AppleのアダプティブProMotionIAPも削減します アップルペンシル レイテンシー、そして信頼できるAppleアナリストのMing-Chi Kuoは、‌ Apple Pencil‌サポートは将来の‌ iPhone‌の可能性です。

以前の噂では、AppleはすべてOLEDの‌ iPhone‌への移行を完了すると示唆されていました。 2020年には、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの新しいデバイスをラインナップ。

しかし、2020年が来る前に、Appleは今年9月に2つのハイエンド5.8インチと6.5インチOLEDモデルと1つのローエンド6.1インチLCDモデルを含む3つの新しいiPhoneを発売することが広く期待されています。

関連するまとめ: iPhone 12