アップルニュース

1Password開発者がiOS12 Password ManagerAPIのサポートをいじめる

1passwordAppleは昨日のWWDC基調講演で、他の機能の中でも、iOS 12には、デバイスにインストールされているサードパーティのパスワードマネージャーアプリにフックして、保存されているパスワードをユーザーへの提案として提供できる新しいPassword ManagerAPIが含まれることを明らかにしました。 'ログイン情報の入力を求められます。

今日、人気のあるパスワードマネージャーサービス1Passwordのメーカーは、アプリとAppleの新しいAPIの統合にすでに取り組んでいることを確認し、Twitterのフォロワーにも ティーザー動画 1PasswordAutoFillの動作中。

短いクリップは、SafariブラウザのApple IDWebサイトからのログインプロンプトの画面記録を示しています。ユーザーがパスワードフィールドをタップすると、キーボードがポップアップし、1Passwordに保存されているパスワードがQuickType提案バーに表示され、選択できるようになります。


現時点では、iOS 12が秋に公開されてから1PasswordがAPI統合をサポートする時期は不明ですが、ユーザーはAgileBitsの開発者が「非常に興奮して」おり、「すぐに遊んでいる」ので安心できます。 。もっと早く調べたい人は、次の手順に従って1Password foriOSベータテストプログラムに参加できます。 ここで概説

その他のセキュリティ関連のニュースでは、iOS 12はサードパーティのアプリ内でパスワードの提案も提供し、再利用されたパスワードを追跡して、ユーザーに新しいパスワードの作成を促します。

別のウェルカムiOS12機能では、SMSテキストメッセージを介して配信されたワンタイムパスコードがログイン画面にオートフィルの提案として自動的に表示されるため、ユーザーはメッセージを読んだり、コードを記憶したり、ログイン画面に戻ったりする必要がなくなります。それらを入力します。

タグ:1Password、AgileBits関連フォーラム: iOS 12