牛丼チェーンすき家・松屋中間決算減益!人手不足・牛肉高騰が深刻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
牛丼チェーンすき家・松屋中間決算減益!

2014年9月中間連結決算、牛丼チェーン大手3社・・・すき家・吉野家・松屋のうち、2社が減益となっています。デフレで急成長した牛丼チェーン店は、景気回復を背景にアルバイトさんの時給の高騰やお客様が良質な料理を好む傾向となり、割安感で人気の牛丼チェーン店も先行きが不透明となっています。

また、牛肉の高騰により牛丼業界を苦しめています。牛肉の市場価格はさらに高くなるという。

スポンサードリンク

2014年9月中間決算

売上高 営業利益 税引き後利益
すき家 1515
(10.5)
11
(▼73.0)
▼22
(-)
吉野家 889
(2.5)
17
(約2.5倍)
9
(約4.4倍)
松屋 397
(2.7)
6
(▼3.8)
0
(▼85.4)

※単位:億円、カッコ内は伸び率&倍率、▼赤字かマイナス
※2014年11月14日読売新聞13版(朝刊)を参考

すき家を展開するゼンショーホールディングスの税引き後利益は22億円の赤字・松屋を展開する松屋フーズも税引き後利益が前年同期比85.5%減の26,00万円(黒字)となっている。

すき家・深夜の一人体制問題

すき家さんといえば「深夜のワンオペ」が問題になっていました。ワンオペとは「ワンオペレーションの略」で、この場合でいえば・・・客数の減る夜中の店内を一人で回すことをいいます。※2014年9月までにワンオペを解消すると発表

ワンオペ問題や人手不足で連鎖的な一時閉店・撤退する店舗も増えています。私が住んでいる近所にもすき家の店舗がありましたが・・・1年以上?一時閉店していて・その後完全に撤退となっています。

牛肉の高騰

牛肉などの材料費の高騰にも牛丼チェーン店は頭を悩ませいています。牛肉の市場価格は、1年前の価格より「1.4倍~2倍に達している」という。

円安のあおりを受け、これから更に深刻な状態になるとみられています。

人手不足による時給の高騰

飲食店のアルバイトさん・パートさんの時給が高騰を続けています。アルバイトの時給は、1000円以上を超えるのが当たり前となっていて、かなりの負担がかかっています。しかも、人手不足というからどうにもならない。

以前、ブログ記事で「大手飲食店チェーン店の時給表」を作っているので、興味があったら参考にして下さい。大手は大手で厳しい状況ですが・・・個人店は更に厳しくなるでしょう。

横浜市西区・飲食店アルバイト時給比較表!
個人飲食オーナー向けアルバイト時給比較表!横浜市西区チェーン店目安

小規模飲食店のオーナーさんは、時給の高騰・材料費の高騰で店舗をたたむ方も増えていると言います。大手チェーン店にはない個人店の味やこだわりを後世に残してほしいので頑張ってほしいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る