小規模飲食店のマーケティング、法人用FAXDM(チラシ)の作り方・会社訪問営業の4ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私が行ってきた販促の中で最も費用対効果が高いのが法人向けのFAXDMである。この効果の高いFAXDMを無料テンプレートを使い作ってみた。使用した無料テンプレートの紹介・会社への営業のかけ方・FAXDMの内容・FAX番号の集め方を紹介する。これを実行すればかなり強力な販促ツールになるので参考になればと思う。

スポンサードリンク

 FAXDMの内容

営業用FAXDMの全体像

画像を使い、目玉のサービス商品のご案内

一番下に切り取り用のクーポンを用意する。

 営業用FAXDMの詳細

1)テンプレートをダウンロードする
 ⇒飲食店で使える無料ニュースレターテンプレート&発行・継続の秘訣

上のエントリへいき、テンプレートを選びダウンロードする。
今回選んだのは上から6番目のニュースレターテンプレート。

季節のイラスト・写真を挿入するのならこのエントリがお薦め
 ⇒6月の無料イラスト素材まとめ、紫陽花(アジサイ)・カタツムリ・傘・ジューンブライド・梅雨

2)テンプレートの「文字・画像」を店舗用に入れ替える

ここが一番のポイントなのだが、割引する為の引換クーポンを作る。
 ※上の画像を参考に

・有効期限を作る。
・○○円以上から利用可能という形にする。
・定期的にFAXDMを送れるよう、FAX番号記入欄を作る。

3)会社関係へ営業する

上で作ったFAXDMに店舗のメニューをホッチキスなどで止めて会社関係へ営業する。

・営業と言っても、会社に行って「お蕎麦屋のメニュー置かせてもらえませんか?」
 それだけで良い。
・難しいことはしないでおいてくる。
・大規模な企業だけではなく個人商店にも配る。
・出来れば、数人のスタッフで配ればかなり効果的。

4)FAX番号をもらった会社へFAXチラシを送る

ご来店してくれて切り取りクーポンにFAX番号を記入してくれないお客様には「FAX番号があればお得な情報をお届けしますよ」と言ってみる。クーポンのサービスが良いほどFAX番号をもらえる確率が高くなる。

・FAXDMは、1カ月に2回程度送る
・FAX番号が集まってきたら、FAXする日を分散する
・出来るだけFAX番号をもらう

 まとめ・編集後記

飲食店で会社関係へ「営業をかける」という行為はほとんどしていない。新規オープン店か弁当屋さんぐらいではないだろうか?他がほとんどやっていないことなのでやれば非常に効果的である。

一応、FAXDM(ちらし)のメリットなどを下に載せてみる。

・営業することで攻めの店舗運営が出来るようになる。
・FAX番号を得ることで定期的にお客様との接点を持つことが出来る。
・会社関係なので大口注文になる可能性がある。
・FAXDMなので経費がほとんどかからない。
・FAXリストがどんどん増えていくていくので店舗運営が安定する。

以上、FAXDM・会社訪問営業のエントリでした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る