震災後の小規模飲食店経営悪化・・・今何をするべきかまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、サイドキノ目の吉田です。
本当に久しぶりの更新になりました。理由は、店舗が暇になりスタッフのシフトを減らした分私が多く店に出ているからです。震災後の飲食店は、軒並み経営悪化につながっていると思います。「こんなとき何をすれば良いか?私はどうしているか」そんな話をこのエントリにしようと思います。

スポンサードリンク

 震災後の飲食店経営悪化・・・何をするべきか

そこそこの繁盛店だと思っていた私の店舗はビックリするぐらい売り上げが落ちました。当店舗は、店内営業と出前営業をしている町のお蕎麦屋です。お昼時には出前の電話が鳴りやまないこともあるぐらいでしたが震災後には、まったく電話が鳴らないということも少なくありません。

電話が鳴らないのは、”電話がつながりにくい”ということもありましたが電話が安定してからもビックリするぐらい出前注文が減ってしまいました。店内営業に関してもお客さまの流れが良くないことは気になっています。

私はいろいろ考えました。「一番大きいのは消費の落ち込み・もともと場所が良くない・こんな時はしょうがない」あまりのひどさにそんなことさえも思いました。

でも、気を取り直して考えていくと今まで見えていなかったものが見えてきました。”ようは、お客さまからの支持が足りない・必要とされていない”結局は、そういうことではないかと思います。本当に愛されて地域一番点であれば多少暇になったとしても、”外食するならここ・ランチするならここ”そのようになるはずです。

私は今まで”それなりに繁盛している”と思っていたのでお客さまをもてなす気持ちが薄れていたのかもしれません。では、どうすればいいか私の今現在行っていること・気を付けていることをまとめてみます。

 とにかく店舗・スタッフを良く見渡す

問題点は現場にあります。店舗・スタッフ・お客さまを良く観察することが大事です。

チェック項目
・店内、店の周りを良く観察する
・スタッフの行動・・・接客態度を観察する
・お客様が満足しているか様子をうかがう
・メニューの見直し、ポスター広告などの最適化

大ざっぱなチェック項目ですが・・・
この4点を抑えていけばよいお店に変貌出来ると思います。

まず意識するのは、”問題点はそこにある”ということ。
簡単にいえば店舗を見れば問題点が山積みであることが分かるはずです。
何から始めればよいか分からない人は・・・掃除から始めることをお薦めします。
特にお薦めなのは「床・トイレ」を雑巾がけすることです。
たくさんの問題点が見えてきますよ。

下から見た店舗の空気は、歪んで見えるはずです。床やテーブルの隅にホコリがたまっていませんか?全くほこりがない店舗の店主のあなたは繁盛店にしている可能性が高いと思われます。そこまでいきわたっているということは、お客様・スタッフに対してもきめ細かく対応している可能性が高いです。そうでない私と同じ店主さんたちは、まずは床掃除からしてみましょう。モップを使わず雑巾がけです。そのほうが問題点が見えてきます。

もう一度言います。「問題点はそこにある」
店舗を見れば何が悪いか見えてきます。
その見えてきた問題点を1つ1つ潰していきましょう。

雑巾がけをする前に
ほとんどの飲食店は、お客さまの減少とともに売り上げが落ちているはずです。
パートさんやアルバイトさんに協力してもらいシフトを減らしましょう。
売り上げが減少しているのに今までのシフトでは負担が大きくなります。
生活がかかっていない方?に協力してもらいましょう。

雑巾がけして見えてくることは、「何事も管理することが大事」ということ。私の店舗は数十年もたっていて「ある程度古いのはしょうがない」と思っていました。それは事実ですが、それを管理しない・管理不足でも良いと勘違いしていました。多分・・・ほとんどの飲食店はそのような状態になっています。これを機にもう一度見直すことをお薦めします。

管理がいきとどいた店舗は、空気のきれいさが違ってきます。古い内装でも、管理されていれば一段と明るくなります。私自身恐ろしいほどに感じているので、実行してみることをお薦めします。

そこから、新しい何かが見えてきます。それを料理・広告・メニュー表・接客・・・すべてのことに繋げていけば、お客様がいなくなることはないと思います。もしかしたら、集客しなくても集客できるお店になるかもしれません。私の店舗で実践していますので、今後報告もしていこうと考えています。

これに伴い、店舗用のブログ・広告ポスターなども今まで以上に管理しているので、皆さんにシェア出来るものも増えてくると思います。それらも一緒に報告していきます。

ただし・・・私自身店舗にいる時間が長くなるのでこのブログ(サイドキの目)の更新頻度が減りますのでご了承願います。といっても、今まで溜めたこのデータは小規模飲食店のオーナー様にはとても役に立つものばかりとなっています。

これは、「私自身が使いたい画像・メニューテンプレート・クリップアート・ワードプレステンプレート・ニュースレターテンプレート・カードテンプレート・求人募集・シフトテンプレート」など集めたもので震災後店舗を立て直す原動力でもあるのでご利用する価値はあると思われます。

最後に、被災地以外の飲食店でもかなりの店舗が潰れていくと予想されます。これは、過度な買いだめ・材料の高騰・外食しない・旅行に行かない・地震による不安・放射能の懸念・計画停電などあまりにも壁が大きすぎるからです。でも、私も含め小規模飲食店オーナー様はそれに負けるわけにはいきません。

本文でいっているように、「問題はそこにある」です。景気や外部に影響を受ける店舗ではなく、どんな時でもお客様に愛される店舗にしていきましょう。
以上です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る