「新しく出来たレストランって大抵3年以内に潰れません?」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

暮角べんり♂さんの記事
新しく出来たレストランって、大抵、3年以内に潰れません?

という記事を読んで、「ドキッ」とさせられた。
この記事を読んで私なりにまとめてみた。

スポンサードリンク

 成功率が低い賭けに、銀行からお金を借りて始めるのはどうなの?
 暮角べんり♂さんの小見出し

私自身飲食店の店主だが、かなり成功率の低いビジネスだと思う。
今、ビジネスと言ったが”ビジネスとは、経営者がいなくても会社(店舗)
が廻りしっかり利益を作れる仕組み”と定義するなら小規模飲食店というのは
ビジネスとは言えない。

そう、ビジネスでないほとんどの飲食店というのは店主がオーナーシェフであり
店主がいないと店舗がまわらないということ。
それがどういうことかというと・・・
朝から晩まで働き、休日も少なくその上収入もあまり高くないということである。
長期休暇もとれず、大病になったらそれこそ大変なことになる。

もちろん
本人がおいしい料理を作り、お客様との関係を深めていくのが楽しく
それで満足している人はそれでいいと思う。

でも、そういう人でも考えなければいけないことがある。
地域に密着する飲食店(会社でも同じ)は、地域の方やスタッフに
責任を持たなくてはならないということである。

「身体を壊したから営業できなくなる」というのは自分勝手すぎる。
これは私のことだが、人材不足で何度も営業体制を変えている。
「定休日・出前配達・店内営業・・・などの変更」
店舗の勝手な理由でたくさんのお客様にご迷惑をかけてきた。

だから
今現在、店舗経営している飲食店オーナーさんはビジネスへの転換
をしていくべきかと私個人は思っている。そういう形にしていかなければ、
飲食店の継続は不可能かと思う。

話は脱線したが
最初の質問に対して、これから飲食店を始めようと考えている人には
私はあまりお薦めしない。なぜなら、労働に対しての収入があまりにも低いから。

「独立したい」ということが一番の目的なら、他の職業のほうが良いと思う。
今は、ネットから始めるビジネスであればほとんどのリスクがなく
始めることが出来ると思う。”どうしても飲食店がいい”という場合を除いては
もっとリスクの少ない方法を選ぶべきかと思っている。

 居抜き物件でレストラン経営を始める愚かさ
 暮角べんり♂さんの小見出し

私自身、居抜き物件から始めたが潰れるには潰れる理由があると思っている。
居抜き物件ということは、ほとんど商売が失敗したということだろう。
繁盛しているなら、閉店することはまずあり得ない。
本当に利益のある店舗であれば売却することも可能なはずだ。

当店舗は、よくある町のお蕎麦屋だ。出前営業があってはじめて商売が
成りたち、店内営業だけではやっていけない。
マーケティングを意識して物件を選ぶなら当店舗は最低レベルだ。
もちろん、出前営業も含めて考えるならそれもアリなのだが・・・

私の地元でもレストランがよく潰れる場所がある。立地的には、駅前なの
で悪くなさそうだが、一年もたてば必ず潰れてしまう。
なぜなのだろうか?

1)もろに駅前なので家賃が高すぎる。
2)ベットタウン(?)なので人通りは多いが食べていかない。
3)魅力的な店舗ではない。
4)美味しくない。

どの店舗もそれなりにきれいだったし、いまどき”不味い”モノを出す
飲食店もないだろう。ただ、大手のようにしっかりマーケティングして
レストランを開店していないということだろう。

「何となく良さそうだから、オレが作った料理はおいしいから、俺なら大丈夫」
という感覚で飲食店を始めていないだろうか?
ここまでひどくはないだろうが、私も含めしっかりマーケティングしたほうがいい。
そうでなければ簡単に潰れてしまうだろう。

 安易に勉強できて参入できるからこそ競争が激しい
 暮角べんり♂さんの小見出し

本当にその通り。誰でもできるハードルが低いものだから競争が激しく、その結果
潰れやすいのだ。そこらじゅうにレストランがあるから価値は下がってしまう。

私は飲食店の店主だがやっぱり飲食店の独立はお薦めしない。駄目だと言っている
わけではないが”独立したい”ことが一番の目的なら違う方法を探すべきだと思っている。

ビジネスとして投資として始めるのであればそれもアリだと思う。
しかし、個人事業レベルから始めるのなら違うビジネスがお薦めである。

 まとめ

「新しく出来たレストランって大抵3年以内に潰れません?」
というブログ記事から私の考えを綴ってみた。

1)”独立”が大きな目的なら別のビジネスを探したほうが良い。
2)個人事業レベルならやっぱり別のビジネスを探したほうが良い。
3)ビジネス、投資というスタンスで始めるならそれもあり。
4)本当に飲食業が好きで好きでたまらなければそれもあり。

独立開業と言うのは、夢がありとても良いことだと私は思う。
その反面、失敗した時は借金・離別・・・本当に大変なことになる。
それでも、目標・夢を追いかけるのは素晴らしいことだ。

もし、レストランを開業するなら今後の人生が180度変わることを
理解しなければいけない。これは成功・失敗関係なく今までとは
全く違った人生になる。では、健闘を祈る。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る