求人募集マニュアル作成メモ<社員・弟子>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私は、当店舗を自営業からビジネスに転換すると決断した。
マニュアル関係のエントリーは自分勝手な記事になってしまうかもしれないが
あなたのヒントにもなるかと思いそのまま執筆していく。
今日は、社員・弟子の求人マニュアルである。

スポンサードリンク

そもそも自営業とビジネスの違いをちゃんと答えられる人は少ないと思う。
私は”ジェームス・スキナー”関連のメールからその答えを知った。
自営業とビジネスの違いを会社の規模の大きさと捉えている人が多いと思うが
実は大きさではなくて、”自分がいなくても会社がまわってしかもしっかり収益を
大きくして成長していくシステムが出来上がっているもの。”である。

ジェームス・スキナーは”3年間自分がいなくても会社が勝手に大きくなるシステム”
とも言っている。※文章・表現は一部変わっている。
以前、私もこのような考えを持って中途半端な知識でビジネスの転換を目指したが
失敗してしまった。それを踏まえ本格的にマニュアルを作ることにした。


求人募集マニュアル<社員・弟子>


社員・弟子の募集はホームページを中心にしていく。
ホームページへ仕事内容・待遇・その他すべての疑問に答えられる
ものを作っておき、必要事項が増えたら、その都度更新すること。

待遇
月給ははランクごとに金額が変わることとする
ランクとは、「見習い」「職人」「リーダー」と3ランクで表現する

見習い:月20万
職人:月25万
リーダー:月30万以上
※既定以外の休みの場合、日当分を給料から引くこととする。

見習い
入社してから1年半までを最小見習い期間とする。
次のランクに行くには、一通りの仕込みと調理が出来、お客様を
意識した行動が出来ること。

職人
入社してから2年以上たっているのが最低条件
昼の一番忙しい時に、”中台”(調理の中心)で廻すことが出来る場合とする。
売り上げの意識もあり、「どうすればお客様が喜ぶ」を常に考えられるものとする。
お客様からのクレームにも迅速に対応が出来る状態。

リーダー
入社から3年以上たっているのが条件
ある程度仕事が出来ても謙虚さを忘れないことも条件の一つ
そば・うどん・おつゆ・調理・シフトの管理・販促の意識・全スタッフの管理
自分から店舗を変え売り上げをのばいていく行動と意識を併せ持った状態

そば・つゆの仕込みは、通常時間での仕込みは難しい。
見習い・職人との就業時間とは違うことを理解すること。
自分が動くことも大事だが各担当にしっかり働いてもらうことのほうが優先。
次の職人・リーダーを育てるのも仕事の一つである。

交通費支給
出来れば往復500円まで(絶対ではない)

食事は無料で提供。(将来どうなるかは分からない)
労働保険完備、雇用保険は労働時間により必要なら取得
傷害保険、各種保険完備

休日
月6回(火曜日+平日)、正月1・2・3日

具合が悪くてもピークの時間だけは出勤するつもりでいるように。

就業時間
10:30~20:30 休憩時間1時間(15時~17時の間)
週1回のみ22:00ごろまで(最後の片づけまで)

※リーダークラスは、時間を固定することは不可能。
 その日のシフトの状態・仕込み状態で変動する。

仕事内容
見習いクラス~リーダークラスまでデリバリーあり。
クラスが上がるほどデリバリーをする機会が減っていく。
※デリバリーがあるからその分早く仕事を覚えられる環境を作ることを意識する。

資格
原付免許証
後は特になし

その他
この4つが一番重要
元気で挨拶できる人
遅刻欠席をしない人
ちゃんと報告、連絡、相談が出来る人
掃除の出来る人
※当たり前だが「疲れた・眠い・ダルい」などは禁句である。
 溜息も厳禁(息苦しいなどの体調不良はしょうがないものとする)

お問い合わせから採用までの流れ
①お問い合わせフォームから質問等をもらう
②メールでのやりとり
③必要になったら電話で話をする
④面接が必要になった場合、一度お店に来てもらった後
 食事をしながら面接をする。
⑤初出勤の日程を決め、後日出勤

最後に一言
私たちは、目指すゴール(目標)が違くても目指す方向は同じでなくてはならない。
なぜなら、皆が違う方向を向いていると推進力が弱くなるからだ。
推進力が弱くなるということは、売り上げ低下・やる気の低下につながる。

あなたはどんな目標を持っているか分からないが、「成功」したいはずである。
あなたが成功する一番の近道は、店舗の成功だと私は確信している。
仮にあなたが「独立」を目指している場合、店舗がダメならあなたもその影響をうける。
逆に店舗が超繁盛店になった場合は、その繁盛店にしたノウハウを得るだけではなく
独立資金の援助も受けられるかもしれない。

繁盛させるだけの力量があるなら、その人に投資をする価値が生まれる。
考えてみてほしい・・・店舗の成功=あなたの成功
このような法則が出来上がるはずである。

決して店舗を貶めるようなことをしないでほしい。
店舗を貶めるということは、自分を貶めるのと同じことと理解してほしい。
よく会社や上司の悪口を言っている人がいるが
あなたの評価は、会社や上司がしていることを理解しなければならない。
あなたのクライアントはお客様は当然だが、会社であり上司である。
これを意識するだけで、今の仕事の成績は上がるだろう。
※私が言っているのは「上司にごまを磨る」という意味ではなく
 本質を述べていることを理解してほしい。

このマニュアルは完結ではなく、今後加筆し作り上げていく

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る