小規模飲食店がマーケティングを理解する為の解説まとめ&黄金法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日は、マーケティングについて話してみようと思う。マーケティング
とは「広告」そのものと捉えがちだが「製品」「価格」「プロモーション」
「流通」をいかに組み合わせていくかということである。

スポンサードリンク


マーケティングが分かりやすいサイト・ブログを紹介


 ミツエ-リンクス〔link〕

マーケティング・ミックスの4Pを図を使い分かりやすく説明した記事。
適切なマーケティング・ミックスを行なうためにはまず顧客ありきの視点が
必要なのだが、企業側と顧客側、両方の視点から見た解説は必見である。

 マーケティングis.jplink
 記事タイトル:「売れないときのチェックリスト「ACPUR」」

飲食店だけではなくあらゆる商売に役立つマーケティングのボトルネッ
ク分析手法である。実際に店舗の問題点と照らし合わせてみよう。どこ
に問題があるのかあぶりだせるだろう。今抱えている問題を細分化し一
つ一つ解消していけば良い店舗になり売り上げは伸びないわけがない。

マーケティングis.jp〔link
タイトル:カイタッチ・プロジェクトの舞台裏

貝印株式会社のネットマーケティングをどのように考え実行しているのか
その舞台裏のインタビュー記事である。企業とユーザーがネットを通じて
どのように関係を持っていくかについて参考になると思い載せてみた。

 日経サイゾーlink
 記事タイトル:ツイッターひとつ活用できないダメダメ企業続出の理由

ツイッターを使ったマーケティングをする上で、間違った使い方を
知ることによって得るヒントは非常に大きい。
ぜひ、この記事を読んで店舗で使うツイッターの在り方を探ってほしい。


飲食店オーナー様は優秀なマーケッターになるべく理由


店舗を開店したのはいいが、お客様が来ない・商品が売れないクレームが
多いなど色々な問題が発生する。こんな時、問題の対処をしていくのだが、
毎日の業務が忙しすぎて根本の問題を解決できずに対処していく。

これでは、いつでも問題を抱えたまま営業を続けることになる。そんな現状
を打開していかなければならない。安定した経営をする為に。

売り上げを大きくする仕組み作りはオーナー様しかできない。
売り上げをとるための作業はスタッフにもできる。

大ざっぱにいえば、上の通りではないだろうか?
それならば、オーナー様は時間を作りどうすれば売り上げを取れるかどうか
考えるべきだろう。もちろん、ミーティングにてスタッフの意見を参考にするの
も大事である。それらの仕組みを作る上でも自由な時間を作るべきだ。

私を含め小規模飲食店オーナー様は、もっと考える時間
もっと勉強する時間を作るべきだろう。
そして、体も休め・自由な時間をつくるべきだ。

 まとめ・編集後記

私自身が体験してきて一番ネックを感じるのは、自由な時間が少ないことである。
小規模飲食店オーナー様であればほとんどの方が体験していると思う。
家族経営であれば皆でうまく時間配分できると思うが、家族経営でない場合は
必ずと言っていいほどそのような展開であるはずだ。

ここで少し考えてみてほしい。
経費を抑えるために、あなたが朝から晩まで店舗にいる必要があるのだろうか?
「店舗にいてお客様と常に接していたい」これは重要だし立派な考えである。
しかし、10年後・20年後・・・健康をそこなったらどうするのだろうか?
しっかりした経営管理が出来ていないばかりに経営が傾いたら?

これらのことを考えると
今自由な時間を作り・勉強して・自分がいなくても店舗がまわる仕組みを
作ったほうが良いのではないかと提案する。
マーケティングを学び将来に向けての地盤固めをすることを考えてみては?
 

※黄金法則とは、「自由な時間と売り上げ拡大」両立した考え・仕組みのこと
 (私が考える黄金法則のこと)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る