ホームページで求人募集の仕方、3つのポイントを画像付きで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日、新たにホームページで求人募集ページを作った。
今回は、緊急募集として今までの求人募集ページを修正し
アップしたので、参考になればと思い紹介してみる。

スポンサードリンク


当店舗のホームページで急募ページを作ってみた

そば処 最戸木の芽のホームページ←見本サイト


 まずメインページの一番上

左にリラックスしたスタッフの写真
右に待遇などの詳細を表にした
当店舗の電話番号・所在地・担当名を記入

地図を載せれば、もっと分かりやすいと思い
後日加筆する予定だ。

 応募から入社までの流れ

応募者が迷わないように、応募から入社までの流れを詳しく書いた。
これがベストかは分からないが最初に詳しく書いておくと
後の流れがスムーズになる。

ちょっとポイント
このいんしょくnetでも意識しているが
ポイントとなる場所に画像を用意すると見やすくなる。
出来ればそのテーマをイメージできるようなものがよい。

 仕事内容を確認

主な仕事内容が分かるようにし
慣れてきたらどんな仕事があるかも説明しておく。
出来るだけ「こんなはずじゃあなかった」とならないようにしておきたい。

 まとめ

この求人募集法が最高だとは思わない。大手であればお金をかけ、
ウェブデザイナーに頼んできれいな求人募集ページが出来るだろう。

しかし、外部に頼むと経費がかかるだけではなく
更新料がかかり、しかもすぐ更新してくれるとは限らない。

これぐらいの求人募集ページならすぐにできる。
そう考えると店舗のホームページは持っておくべきだ。
このいんしょくnetの内容が役に立ったら早速求人募集ページを作ってほしい。

ホームページを持たない飲食店オーナーさんへ
今後、ワードプレスを使った店舗のホームページの作り方を
分かりやすく特集していくので楽しみにしておいてほしい。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る