お礼状の作り方(小規模飲食店ならではの)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お礼状の作り方

大規模飲食店には出来ない小規模飲食店ならではのお礼状。
小規模飲食店のお礼状の場合何もお洒落じゃなくて良い。
お洒落なDMなら大規模飲食店に任せよう。

正直、カッコ悪いぐらいの方が目立つ。
もちろん感謝と愛情がこもっているのが前提であるが。

本来は”手書き、イラスト付き”がお勧めである。
美容院、高級飲食店、スーツ、宝石店などではそのぐらいやるべきだと個人的に思うが
小規模飲食店の単価などを考慮するとパソコンで作るのが妥当だろう。

ただ、手書きは大手には絶対出来ないので
そこはとてつもないブランディングになりもちろん売り上げにも直結するだろう。

私の店舗でのお礼状の作り方

本来は店舗独自のソフトを作成させお客様リストを
入力したいところだが、ソフト制作費が出せなくて
一般のハガキ編集ソフト”筆まめ”を使用している。

・筆まめにお客様情報を入力する
・文面は筆まめを使い1/3を画像 2/3をお礼文
・文章に使う文字は”手書き風文字”を使う⇒みかちゃん(無料ダウンロード先)
・文章は気持ちがこもっていれば何でも良い。感謝を込めるのがポイント
・画像はデジカメで店舗でも花の写真でも何でも良し

ポイントは出来ることをやればいいということ。
無理に背伸びをする必要はない。お洒落なものは大手に任せる。

お礼状を送る頻度

一人のお客様へ2か月に1度届くようにしている。
出来れは1カ月に1度にしたいが経費との関係でそのようにしている。

理想は、初めてご利用のお客様へはじめて用のお礼状を送る。
その後は、2か月に1度(1カ月に1度)定期的にお礼状を送る。

同じデザイン(文面)で一回りしたら
新しいデザイン(文面)でお礼状を送っていく。
あとは継続することでお客様からの応援が大きくなる。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

飲食店を繁盛させる教科書

法人営業・FAXDM・お客様リストの作り方・新規客、リピーターの囲い込み・・・すぐに実践できて最短で売り上げアップする方法が満載。

プロフィール

「そば処 最戸木の芽」という飲食店を経営しながら、ブログを書いている吉田と申します。飲食店向けのマーケティングやそばの魅力について語ります。

運営者の詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る